シーサイドアニマルクリニック
SEASIDE ANIMAL CLINIC

シーサイドアニマルクリニック
SEASIDE ANIMAL CLINIC

手術案内

HOME | 手術案内

質の高い外科手術をすべての動物に提供するために

 
通常の麻酔・手術・CT検査は金曜日以外で実施しています
金曜日午後は、高難易度の手術や、半日入院検査などを実施しています。

当院では、外科手術に望むに当たり、次のことを徹底しています

 

  • 術前検査を行い,麻酔モニタリングガイドラインに沿った麻酔管理を行います
  • 手術は術者と麻酔医は必ず獣医師が担当し、スタッフ全員で手術を行います
  • 手術によっておこる痛みを早期発見し,積極的に緩和します
  • 手術は必ず滅菌した器具・術衣・手袋などを用い,体の過敏反応が起こりにくい縫合糸を使用します
  • 半導体レーザーなどの高度医療機器を用いて,手術による動物の負担を最小限にします

軟部外科

去勢・避妊手術から消化器外科,泌尿器外科など幅広い外科治療に対応します

 

去勢手術  潜在精巣(陰睾)摘出術  避妊手術  子宮蓄膿症   帝王切開術  膀胱切開術・腎臓切開術(結石摘出)  膀胱尿道瘻形成術  胃切開術・腸切開術(異物摘出)  胃拡張胃捻転症候群(GDV)  腸管吻合  肝生検  会陰ヘルニア  臍ヘルニア  鼠径ヘルニア  横隔膜ヘルニア

 
腫瘍外科(ガンの手術)

当院では一部を除くほとんどの腫瘍の外科手術に対応します。また,院内での抗がん剤治療や,大学病院への放射線治療の依頼も可能です。

 

皮膚体表腫瘍切除  肥満細胞腫  乳腺腫瘍  脾臓腫瘍(血管肉腫など) 肝臓腫瘍  膀胱腫瘍  口腔腫瘍  腸管腫瘍  精巣腫瘍  卵巣腫瘍  子宮腫瘍  骨肉腫に対する断脚術   など

 
その他の外科

整形外科、歯科、眼科、耳科,小外科(マイナーサージェリー)

 

骨折整復術  大腿骨頭切除術  膝蓋骨脱臼  前十字靭帯断裂  歯周病治療(超音波スケーリング、キュレッタージ,レーザー治療,ポリッシング、抜歯) 栄養チューブ設置(鼻カテーテル,食道チューブ,胃チューブ)  チェリーアイ(第三眼瞼突出)整復術  眼瞼縫合  眼球摘出術  耳血腫  垂直耳道切除術  全耳道切除術 


*他にもたくさん対応可能な手術があります

半導体レーザー治療のご案内

 

半導体レーザーを用いた新しい腫瘍(がん)の治療

 
 半導体レーザーから得られる熱エネルギーを利用して,がんを死滅/制御させるという方法です。がんの3大治療法である外科治療,抗がん剤治療,放射線治療の次にくる治療法の1つとして,近年注目されています。当院はレーザー治療について治療頭数が多く、様々な腫瘍に用いています。 特に高齢な犬猫で、全身麻酔を避けたい場合に、無麻酔あるいは局所麻酔でも処置が可能な場合もありますので、まずはご相談下さい。
*当院では富士エスエルアイBERGを使用しています。
 

  • 凝固・蒸散法/アブレーション法:体表・口腔内の腫瘍などが対象。
  • ハイパーサーミア:腫瘍を42-45℃に温めることで腫瘍を縮小させます。
  • マイルドレーザーハイパーサーミア(MLHT):40-42℃の範囲を用います。肺などの内臓腫瘍にも用いる事ができます。
  • 光線温熱療法(PHT):色素(ICG)や抗がん剤+温熱療法で腫瘍に対する有効性向上を目的にします。
 

止血・切開装置としての使用

半導体レーザーは電気メスと同等の優れた止血・切開能力を持っています。特に、レーザーで切開した部分は炎症を起こしにくいことが知られています

 

 
 
 

シーリングデバイスとしての使用

バイポーラを使えば、血管を結紮なしに止血離断(シーリング)が可能です

  

 
 
 

温熱療法(消炎・鎮痛)

椎間板ヘルニアや前十字靭帯断裂、歯周病による炎症や痛みの緩和が可能です。

 
 

 

歯周病治療(殺菌、消炎、鎮痛、止血)

全身麻酔下口腔衛生処置において、歯周ポケット内に適用することで、歯肉が引き締まりやすくなります

 

 

創傷治癒

手のひらサイズの皮膚欠損もレーザーを使うことで早く治りやすくなります。